Stacks Image 215
「陽光水」について
地球上いたるところで環境汚染が進み、私たちの身の回りには身体に良く安心できる食べ物・飲み水が少なくなりました。
ビラコチャでは安全でおいしいお水をお客様にお届けしたいと思い、安心して飲める天然水を探しておりました。 さいわい世界総本山のお膝元、岐阜県内に私たちが求めるお水が出る場所と採水業者を見つけることができました。
それは名水の地として知られる岐阜県関市洞戸にあります。 一億年前の地層から湧き出たお水を、採水からボトリングまで非加熱のまま一切人の手にふれることなく、丁寧にフィルター除菌しています。
ビラコチャでは、その天然水に、現代では摂取が難しくなった天然由来の有効成分であるフルボ酸を加え「陽光水」と名付けました。
皆様が健康で快適な生活を送るため、体内のバランスを整える「陽光水」をご利用下さい。
※この「陽光水」は、健康を増進したり特定の疾病を治癒することを目的としたものではありません。
岐阜県奥長良川の厳選名水を使用
フルビックアシッドウォーター原水
原水となる水は名水の地として知られる岐阜県関市洞戸で採水されています。昔から地域の人々に愛されてきた名水は、おいしく健康に良いとされ、連日水を汲みにくる方々でにぎわっています。一億年前の地層から湧き出た水は、口にした瞬間に瑞々しく心地よい感覚が体全体に染みわたります。大自然の恵みをたっぷりと含んだ天然軟水は雑味がなく、まろやかな口当たりで、そのおいしさをそのまま味わっていただくために非加熱除菌でボトリングすることにこだわりました。また、フルボ酸そのものも国産原料を用い国内で生産されている純国産飲料です。
「陽光水」500mLには0.9mgのフルボ酸が含まれています。
フルボ酸とは・・・
フルボ酸は、適量の酸素を含む土壌環境で腐食する植物に、何百万個もの有益な微生物が働きかけた結果、作り出される微量の酸です。分子量が小さく、ミネラルや元素を自身の分子構造の中に結合する能力を持ち合わせています。その結果、ミネラルや元素は分解されフルボ酸複合体の一部として機能するようになります。通常
70種類以上のミネラルや痕跡元素をフルボ酸自身の分子錯体の一部として含んでいます。
フルボ酸は自然環境において物質移動や植物生長に重要な役割を果たしていますが、特定の構造を有する単一の物質ではなく、その生成過程によって化学構造は異なり、採取される場所や時期によっても化学構造が変化するという不均一な性質を有し、その性質が非常に複雑である為、明確な定義がなされていませんでした。
また、分離回収が困難であり、化学合成で人工的にフルボ酸を作り出すこともできない為、その回収量は非常に少ない状況でした。化学構造の不明瞭さや回収量の少なさゆえ科学的にフルボ酸を活用することが困難でした。
しかし、近年では世界中の科学者がフルボ酸を認識し、その可能性に注目し始めています。
キレート作用とは・・・
キレートという言葉は、原子が立体構造によって生じた隙間に金属を挟む姿から、ギリシャ語の「蟹のハサミ」(chele)に由来しています。キレート作用をもっと平易に言えば、養分をアミノ酸や有機酸によってカニバサミのようにはさみ込んで、吸収や排出する作用があります。
フルボ酸化学式キレート作用
「陽光水」のpH値は7.4。硬度は29mg/Lです。
鉱水とは
ポンプ等により取水した地下水のうち、溶存鉱物質(水に溶け込んでいるミネラル)等により特徴付けられる地下水のことです。
農林水産省が定めるミネラルウォーターの品質表示ガイドラインでは、ミネラルウォーター類の容器などに原水を表示することとなっています。原水には鉱水のほかに、湧水、鉱泉水など全部で7種類あります。水の硬度によって分類される「硬水」とは別の意味があります。
硬度の低い水を軟水、高い水を硬水と呼びます。
日本では、生活用水の80%が、80 ppm以下の軟水ですが、地域によっては硬水を生活用水にしているところもあります。 水の中に含まれるミネラル量(カルシウムとマグネシウムの合計量)を数値化したもので、100以下が軟水、100〜300が中硬水、300以上が硬水に分類されます。
硬度とは
水の中に含まれるカルシウムとマグネシウムの量を硬度と言います。単位は dH(ドイツ硬度)または ppm(アメリカ硬度)で表します。アメリカ硬度は、水1L中に含まれるカルシウムとマグネシウムの量を、炭酸カルシウム( CaCO3)の濃度に換算した重量( mg:ミリグラム)です。ドイツ硬度は、水100 mL中の酸化カルシウム( CaO)の重量( mg)に換算したものです。ドイツ硬度とアメリカ硬度の関係は1 dH=17.8 ppmで表されます。
お客様からのご質問。
飲料水として安全ですか?
製造過程は完全自動化されて全く人の手が入らない清潔な最新設備の工場で国内生産しています。「陽光水」の原水となる水は、名水の地として知られる岐阜県関市洞戸で採水された天然軟水を使用しています。雑味がなく、まろやかな口当たりが特徴で、そのおいしさをそのまま味わっていただくために非加熱除菌でボトリングしております。採水からボトリングまで、一切人の手に触れることなく丁寧にフィルターで除菌をしているため、安心してお飲みいただけます。
フルボ酸は土から作られているのですか?
フルボ酸は自然界にある物質から高分子有機酸として抽出したものを原料にしており、特定の土から精製した物ではありません。「陽光水」は保健機関による厳しい飲料水試験をクリアしておりますので安心して飲料していただけます。
一日の摂取量はどのぐらいが良いのですか?
「陽光水」は食品ですのでアミノ酸やクエン酸などと同様にお飲みいただいて問題ありません。製造元にて最適な濃度に調整してありますので通常のお水と同じ感覚でお飲み頂くことをおすすめいたします。特に規定量などはございません。(フルボ酸含有量は1.8 mg/L
「陽光水」を食品に混ぜても良いですか?
全く問題ありません。お茶やコーヒー、炊飯用の水として大いにご利用いただきたいと思います。また、酢の物やドレッシングなど酸の強い食品にお使いいただくと酸の角が取れ、味がまろやかになります。

お求めは:株式会社 ビラコチャ 岐阜県高山市中山町175    TEL 0577-32-4341